フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

現実と虚構の世界を行き来する

現実と虚構、二つの世界を行き来する。今目に見えている世界と、心の内側にある世界。実際に肌に感じられている世界と、頭の中だけに存在する世界の話です。

冬と春の間にある季節

冬と春の間にはもうひとつの季節があります。つめたい風の流れていた外は暖かくなって、日差しが柔らかに変わる季節。梅や桜の花の咲き始める季節。

写ルンですを使って、桜の写真を魅力的に撮ろう

写ルンですを使って桜の写真を魅力的に撮ろう。桜の咲く季節、写ルンですを買って鞄の中に入れておけば、お花見や通勤、散歩の時にシャッターを押すだけで雰囲気のある写真が撮れます。

小さな試みを毎日続ける

小さな試みを毎日続けていく。誰の目にも触れられない、言葉にも行動にも表れない細かなこだわりを持って毎日を過ごしていく。

どこにもあるもの、ここにしかないもの

今住んでいる場所から作るもの。誰かと一緒に作るもの。ひとりでも出来ること。どこに居ても作り出せるもの。その場所だから出来ること。創作活動と地域の関係性について考えています。