フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

季節を撮る

季節を撮る カテゴリーの記事一覧

8月の終わりに大切なこと

暑かった8月が過ぎていきます。昼間はまだ日差しが強いのだけど、夜は鈴虫の鳴く音が聞こえたり、窓から涼しい風が入って、ああ夏も終わっていくなあという印象です。

夏の朝の海、太陽と月の浮かぶ空

夏の朝の海って、時々見に行きたくなるんです。1年中、どこかの季節の中で必ず早朝の海へ行くけど、夏と秋に行きたくなる頻度が一番多いかな。心が洗い流されるみたいで気持ち良いんですよ。

紫陽花の写真をフィルムとデジタルで撮り比べてみた

紫陽花の写真をフィルムカメラとデジタル一眼の両方で撮りました。

シーズン前の海へ行こう。夏本番になる前の静かな海へ。

シーズン前の海へ行こう。夏本番になる前の静かな海へ。まだ人の少ない海には、いつもの日常と地続きの風景がありました。

5月の緑いっぱいの山に行って、帰りたく無くなった話

GWも終わり、夏がやってくる前に梅雨の季節だなあ…とぼんやり考えていた5月のとある休日。 その日は朝から、今年もあと1,2ヶ月でやって来るであろう夏を予感させる日差しが照っていました。

新緑の季節、新しい日常の始まり

新緑の季節がやって来ます。街の向こうの山々を眺めると、鮮やかな緑や黄緑が太陽の光に照らされて輝いています。

仕事の前に早起きをして、春を探しに出かけよう

仕事に行く前に早起きをして、春を探しに出かけよう。今の季節にしか撮れない風景があります。一年の中で、街が一番嬉しそうに写る季節です。

春の風が吹く。外へ出よう、知らないどこかへ行こう。

春の風が吹く。外へ出よう、知らないどこかへ行こう。昨日よりも今日はあたたかく感じるので、風呂上りに部屋の窓を少しだけ開けてみる。

新生活の始まりにカメラを買おう。今の気持ちを写真に残しておこう。

新生活の始まりに、カメラを買って写真を撮ろう。昨日まで知らなかった新しい道を通って、新生活、新学期は始まります。

春の訪れ。桜の写真を撮る季節がやって来る。

春が来る。今年も桜の咲く場所に、多くの人々がやって来る。それぞれの見上げる瞳の奥には、スマホのレンズの中には、カメラで撮った写真の中には、どんな春があるのだろう。桜の花びらは、どんな色で見えているのだろう。

冬の朝、つめたい空気と眠る街、ファインダー越しの光

冬の朝、外の空気はとてもつめたい。眠ったままの街で、カメラのファインダー越しに淡く柔らかい光を見ました。

早朝の海を撮る。夜の終わりから朝に変わる時間。

早朝の海へ写真を撮りに行きました。まだ眠ったままの街を抜けて、少しずつ明るくなる東の空へ近づきます。静かな海辺には、夜の終わりと新しい一日の始まりが待っていました。

冬の朝、透明な光

冬の朝が好きだ。透明な光が、渇いた空気を抜けてやってくる。つめたい風が、何も纏わずに裸のままやってくる。

秋、散りゆく季節

秋という季節に、初めから名前はあったのだろうか。夏と冬、両極端な季節に挟まれて、何とも言えない時期を指す言葉の代わりという気がしてならない。