読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

フィルムカメラと旅をする。写真を撮りに街へ出よう。

f:id:andtr:20161219093457j:plain

フィルムカメラを持って旅をする。写真を撮りに街へ出よう。
天気のいい朝には仕事へ行かずにそのままどこかへ旅をしたくなる。行き先は決めないままがいい。

フィルムカメラと旅する

気の向くままに訪れた場所で何日も過ごしたい。知らない街を写真に撮りたい。

見たことのない光をフィルムに捉えたい。会いたかった人と話をして写真を撮りたい。
美味しいものを食べたい。他の場所に行きたくなったら移動したい。

しばらくどこか別の場所で暮らしたいのだろう。

1泊2日や2泊3日じゃ足りない。1週間、いや1カ月。もしかしたら1年。時間を気にせず、長い間知らない街で過ごしてみたい。

初めて見るものに刺激を受けて、人の気持ちに心を動かされ、どこへだってすぐに飛んでいける。

日々何かが新しく変わって、写したフィルムには見たものや感じたことが焼き付けられている。

いつか旅をしながら写真を撮る暮らしをしたいなと考えていて、今までは夢の中の話だったけど、年々その想いは強くなっている。

その瞬間、その場所を写す

誰もが見ている日常の風景から、誰も見たことのない非日常の風景まで。ある街では当たり前の光景が、別の街に住む人には初めて見るように映ることもある。

日本の中にも違いは沢山あるだろうし、国が違えばもっと驚きがあるだろう。

僕はそれを個人の視点から、フィルム写真に残していきたい。

旅で見た情景を撮った写真には、その瞬間の気持ちが写し込まれている。訪れた場所でしか捉えられない光がある。

フィルムは撮れる枚数に限りがあって、いつまで生産が続くかも分からないし、中古で買ったカメラが壊れてしまうかもしれない。

人も街も写真も「限りのある生」を生きている。その姿勢にとても惹かれるのだ。

行きたい場所が沢山ある

夢が実現している風景をイメージして、一歩一歩その風景に向かって歩んでいきます。
行きたい場所が沢山ある。撮りたい人が沢山いる。

行きたい場所へ行けたら、撮りたい人を撮れたらこのブログに書きます。
見ていていただけたらとても嬉しいです。