フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの旅と日常

フィルム写真を撮る事が、当たり前の世界になるといい

f:id:andtr:20161219103632j:plain

フィルム写真を撮る事が、当たり前の世界になるといい。今よりももっと。

デジタルカメラの出てくる前、フィルムを使って写真を撮るしか無かった時代があって、今はTwitterやInstagramのおかげで日々たくさんの写真を目にしている。

だからこそ、電気信号で出力される色の決められたデジタル写真ではなく、フィルムで撮られた写真をもっと見ていたい。

フィルム写真に残す思い出

ひと夏の冒険も、寒い冬の風景も、誰かと一緒だった月日も、ひとりで過ごした一日も。
今日から明日へ、現在から未来へと流れていく時間の中で、フィルムに残した写真は過ぎていった日々の情景を憶えている。

写真は人の気持ちを過去へ連れていってくれる。
ファインダーを覗いてピントを合わせてシャッターを切る。
その一瞬に閉じ込めた時間を、ネガが存在している限り永遠に記憶しています。

何気なく手に取った昔の写真の中に、もう会えなくなった人や過去に置いてきた気持ちが収められていて、写真を眺めて昔の気持ちを思い出す時、体は現在にあるまま、心は過去へと旅をするのです。

フィルムは情景を焼き付ける

季節の変わり目に吹いていた風を憶えている。誰かといた時の気持ちを心は憶えている。
子供の頃、海辺に流れていた風の感触を今でも憶えている。
被写体さんと交わした言葉を、その時お互いの間にあった心地良いやり取りを心は憶えている。

フィルム写真に残した情景がスイッチとなって、シャッターを切った瞬間の心の機微を、月日が経った後に残された写真は憶えています。

何十年の時が過ぎても、写真を見ればいつだってあの頃に戻ることが出来ます。
何かに挫けそうになったり、思うようにいかない事が増えても、いつだって物事を始めた頃の新鮮な気持ちに戻ることが出来るのです。

年齢を重ねて良いことも悪いことも忘れていく中で、写真だけは最初の気持ちを真新しいままに記憶しています。

f:id:andtr:20161219103647j:plain

年月を超えるフィルム写真

フィルム写真は年を取りません。
センサーの進化と共に画素の増えていくデジタルカメラとは逆に、フィルム写真は撮った瞬間から全てをその膜に写し込んでいます。

1本の35mmフィルムにつき36枚。フィルム写真は撮れる枚数に限りがあります。

フィルムで撮った思い出の写真を眺めていると、写真を撮った時の暖かさや冷たさ、その日どんな気持ちでシャッターを切ったのか。
一緒にいた被写体さんとのやり取りを昨日の事のように思い出す時があります。

フィルムカメラはタイムマシン

地方の古さの残る街には、同じように古いカメラと単焦点レンズがよく合います。

くたびれた家が取り壊され、真新しいマンションへと変わっていく中で、まだ昔を残す建物が幾つも残っていたり、公共の施設は何十年の歴史を保ったままそこにある。

僕の使っているカメラは、昭和の頃に作られたカメラです。

そんなカメラを使っていると、このレンズは長い間、その街に暮らしてきた人の目と同じなのかもしれない。もしかしたらこの街をずっと生きてきたように、写真に写せるかもしれない。初めて見る風景も、このカメラなら撮り慣れたように写してくれるかもしれない。

そんな想像をしながら撮影を楽しめる所が、フィルムカメラを使い続ける理由のひとつなのです。