フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

秋の夜長の過ごし方

f:id:andtr:20161219093741j:plain

秋の夜長や、すっかりと冷え込んでしまった冬の夜に、
どう過ごすのが一番楽しいのだろう。
何をして過ごすと寒さを忘れられるのだろう。
他の人はこの長い秋冬をどう過ごしているのだろう。

夏よりは秋と冬が好きです。
冬生まれだからか、自分の生まれた月に季節が近づくと、
少しずつ気持ちが上がっていくのを感じます。
幾つになっても変わらないものですね。

僕自身は秋と冬の夜をどう過ごしているかと言うと、
現実とは別の世界に集中して入り込んでいる事が多いです。
別の世界というのは、映画の世界であったり、本の中の世界であったり、
音楽の世界であったり、写真の世界であったりします。

外のつめたい空気から逃げるようにあったかい格好をして、
他の誰かが作った世界に没頭していると、いつの間にか寒さを忘れることが出来ます。
部屋の中は静かだし、風も穏やかな夜が多いので、別の世界に没頭するにはいい季節だと思うのです。
頭の中もざわざわしないし(夏は外がざわざわしているので苦手です)
寒すぎるのは嫌だけど、静けさは宝なのです。

映画や音楽の話も、少しずつ出せていけたら楽しいかな。

今日は本の世界に入ってきます。
では、また。