フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

過去を語らない男

f:id:andtr:20161219103828j:plain

前のブログから正式に引っ越してきたので、割と気に入っていた記事をこちらにも載せようかと考えています。

載せたい時期が来たら、おそらく、多分。

前に書いた記事を見返したり、これまでに撮った写真データを見返して思うのは、過ぎていった事、終わってしまった事に僕自身あまり執着がないこと。

過去には戻れないから、写真を眺めて「あの時はこんな気持ちだったなあ」と振り返る時はあっても、立ち止まって浸ったり、ああこの時は良かった。この時に戻りたい。と思う事はありません。

だからなのか、学生時代の同級生が集まった時の昔話が苦手です。それよりも今楽しい事と、次にやりたい事で頭がいっぱい。

でも次に進みたい意識があるのは、これまでに積み重ねてきた事が後ろに溜まっていくから次を考えられるのであって、過去を置いておくのも大切なのだなあ。と考えるようになりました。

映画を作る人は過去に作った映画が、音楽をつくる人は過去に出した楽曲が、本を書く人は過去に書いた本が、今の自分と次の自分の糧になる。

写真だって溜まっていくから同じなのでしょう。

ブログは目に見えて残っていくから良いですね。10年続けたら、いつでも10年前の自分に会えるのか。怖いな〜。