読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

朝の時間をゆっくりと過ごすと、一日が長く感じる

f:id:andtr:20170122215905j:plain

朝の時間をゆっくりと過ごすと、一日が長く感じる。
今日は休日だったので、朝起きて机に向かって昼までネットをしたり写真を整理したり本を読んだり、ゆっくりとした時間を過ごしました。

4時間や5時間、自分の好きなことだけをして過ごすと、心も身体もスッキリします。
朝であるというのが大切なのでしょう。目覚めた後の透き通った気持ちで過ごすことで、毎日のいろいろから少し解放された気持ちになりました。

本当は休日だけじゃなく、毎日こうだといい。待ってろよ…。

まだ何も頭の中に入ってない朝、窓から差す日の光を眺めながら、映画のDVDを見るのが好きです。派手な山場の無い、静かな映画を。

何十年も前に撮られた映画は、フィルムで撮られていて粒子も粗くて、音もそんなに良くはない。お金もそんなにかけられていないかもしれない。

でも現代を生きる僕たちが日常に感じることの少なくなった感覚が、そこには込められている気がして、古い映画から「時間の経過」や「人と時代の関係性」「作り手の気持ち」を感じ取るのが好きなのです。

写真のイメージになることもあるし、映画って本当にいいものですよね。

昼からは被写体さんを誘って撮影に出掛けたのですが、外は風が強すぎて、早々と退散しました。残念だけど、そんな日もある。

さあ、また一週間が始まります。
その前に楽しい夜をたっぷりとお過ごしください。
それでは、また。

お題「今日の出来事」