フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

紫陽花の写真をフィルムとデジタルで撮り比べてみた

f:id:andtr:20170629002736j:plain

紫陽花の写真をフィルムカメラとデジタル一眼の両方で撮りました。

紫陽花が季節の花なのは知ってたけど、紫陽花って写真を撮り始めて今まで意識して撮ってきませんでした。

どうしてだろうと考えてみると、梅雨の時期に街を歩けば結構あちこちに咲いてる花だからという事に気付いたのです。

特別な目で見たことなんて無かったよ…。

f:id:andtr:20170629002725j:plain

静かに向き合う6月の花

6月の梅雨の季節、年によっては雨が降り始める前の時期から咲いている紫陽花。

街にも山にも公園にも、咲いている場所にはワサッと群生しているので目にする事も多いです。

カメラを向けて紫陽花を撮る時は、沢山咲いている所をそのままパシャっと写してもいいのだけど、折角だから心惹かれる子を選びたい。

沢山咲いている中で、表情を見てどの子にしようか観察している様は、学校の授業中にどの生徒を指そうか考えている教師のようであります。

よく見ると紫陽花のひとつひとつに表情があって、光の当たり具合や群生している場所によって雰囲気が違うことに気づきます。

f:id:andtr:20170629003251j:plain

紫陽花を撮るのは曇りの日がベスト

紫陽花の見頃は梅雨の時期になるので、どうしても雨や曇りの日に写真を撮る事になりがちですが、よく晴れた日中よりは雨や曇りの薄暗い日の方が撮影に適しています。

紫陽花の花言葉は「辛抱強い愛情」「謙虚」。その名の通り明るい日差しが当たっている時よりは影になっている場所で、静かにそっとシャッターを押す方が似合う花です。

デジタルで撮る時は、露出をマイナス側に振っておくと紫陽花の花びらの輪郭や影による立体感が出るのでオススメです。

f:id:andtr:20170629003316j:plain

フィルムとデジタルで紫陽花撮り比べ

花はどこにも行かないし、撮っている間も同じ場所で待っていてくれるので、フィルムとデジタル両方のカメラを持っている人は紫陽花を撮り比べて違いを楽しんでみるのも面白いかもしれません。

フィルムで撮った写真もデジタルで撮った写真も、紫陽花の周りに僅かに光の層のようなものが見えます。湿度の関係なのか光の作用なのか、花が呼吸をしてるのか、紫陽花ってほんのり光って写るんですね...!

f:id:andtr:20170629003434j:plain

f:id:andtr:20170629003825j:plain

f:id:andtr:20170629005826j:plain

f:id:andtr:20170629003447j:plain

(上4枚 Nikon F3・下4枚 Nikon D700)