フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

後に残らない写真を撮ろう

f:id:andtr:20171203213854j:plain

後に残らない写真を撮ろう。日常の何でもない瞬間を撮ろう。誰の記念日でもない、明日も明後日も続いていく瞬間を撮ろう。

朝起きて窓から差す光が印象的だった。通勤途中に花が咲いていた。いつもの公園を猫が散歩してた。おかえりを言った後のあの子の表情。一緒にご飯を食べに行った帰り道。

f:id:andtr:20171203213932j:plain

何一つ変わりのない写真を撮ろう。昨日と同じような今日かもしれない。夕暮れに見た景色は、1年前にも目にした景色かもしれない。同じような日が続いても、同じ日は本当は2度と戻らない。ただ瞬間を切り取った写真だけが積み重なっていく。

思い出に残る写真があるように、思い出に残らない写真がある。ただ休日のほんの僅かな一瞬、目を閉じてゆっくり開けただけの時間。そんな間に撮れる写真がある。ちゃんと写ってるのかわからなくても、それでもいい。

f:id:andtr:20171203213954j:plain

後に残らない日常を撮ろう。撮りためた何でもない写真を見返していると、自分のペースで歩んだ日常が見えてくる。自分の足で進み心を動かした、地に足のついた日常が見えてくる。

後に残らない写真を撮ろう。日常を歩いた足跡は時間と共に消えていくけど、写真は瞬間ごとの気持ちと光を覚えている。