フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

新年早々から風邪を引く

f:id:andtr:20180118202236j:plain

新年早々から風邪を引いてしまいました。年末年始が過ぎて、仕事が始まってすぐのタイミングです。年末の忙しさが抜けて、年始には地元にも帰ったし、さあ新年これからという時にドッと来てしまいました。

張り続けていた気持ちが一旦緩んだのかもしれません。やるべきことを全て終えた後だったからかもしれません。気がつけば背中から寒気がして、喉が痛くなって布団に寝込んでいました。

しばらく体調を崩してなかったからすっかり忘れていたのですが、一人暮らしで風邪を引くと、油断すると命を失いかねないことを思い出しました。そう。どれだけ熱が出ても、どれだけ体がつらくても、何をするにも一人なのです。

ごはんを用意するのも、買い物に行くのも、病院へ行くのも、洗濯をするのも。起き上がれなくても体を起こして、動ける内にやることを済ませておく。久しぶりにかなりつらかったです。

しんどくて動けない状態が情けなくて、ここ10日位の間に何度か泣きました。一人で。何度ももうダメだ死ぬと思いました。体調を崩すのはこんなにつらかったっけと思いました。

風邪をひき始めの頃は食欲がなくて、ヨーグルトとフルーツを食べるのがやっとだったのですが、ヨーグルトとフルーツだけだと体温が上がることなく下がっていくばかりで、夜寝る前は特に寒くて大変でした。体が冷たいまま布団に入ってもひとつも良くなりません。

食べる気は起きないけど鳥の胸肉、豆腐、白菜、長ねぎを入れた簡単な鍋を何とか作って食べました。結果的には無理をして食べて良かった...鍋をして2日目からやっと体が温まり始めました。

食欲を取り戻して、熱も下がって、今週からは何とか普段通りの生活に戻っています。でもまだまだ外は寒いし油断できません。しばらく時間をかけてゆっくり休んで、全快になったらパーっと遊びに出かけるつもりです。

抑え続けている時間が長い分、欲求も大きいようで...元気になったらカメラ持って旅行したいなあ。