フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

松山の街を歩く - 愛媛大学・大街道周辺

f:id:andtr:20180303102830j:plain

2017年の年末に松山へ行きました。ここ何年かは遊びに行くといえば関西方面か岡山辺りが多く、高速を使っても近いようで意外と遠い松山に行ったのは何年かぶりなのでした。

遠出をした先ではいつも大体同じパターンで行動するのですが、ホテルなり目的地なりに着いた後は特に行き先を決めず近所を歩きます。今回の目的地は愛媛大学・松山大学周辺だったので、大学近辺〜大街道をぶらっと歩きました。

f:id:andtr:20180303102838j:plain

久しぶりに訪れた松山の街。何年も前と比べると変わった所もあれば変わらないままの所もあり、昔からの建物がそのまま残っていたり、路面電車が変わらずに走っている街並みに懐かしさを感じます。

大街道を歩くと、新しく若者向けの店が出来ている中で、ひとつ小さい脇道に入った先にはおじいさんおばあさんのやっている定食屋がまだ残っていたり、泊まったホテルの近くのラーメン屋(チェーン店)の味に不思議と親しみを覚えたり。

f:id:andtr:20180303102934j:plain

何より晴れている時の日差しがとても気持ちよくて、風も吹かないし、このまま帰るのを止めて行ったことのないカフェやレストランを探して、行き慣れた本屋を巡って1ヶ月くらい街をぶらぶら散歩したい。そんな気持ち良さと懐かしさを残す街でした。

朝早い街のあちこちに落ちているいい光を眺めながら、松山に被写体さん引き受けてくれる人いないかな...とやっぱり考えてしまいます。

f:id:andtr:20180303103751j:plain

カメラを持って歩いている時の性質なのか元々の性格なのか、どこか昭和の匂いの残る人通りの少ない路地に惹かれます。

ホテルまでの途中の道で見かけた川沿いの公園(石手川公園?)が綺麗だったので、今度行った時はもっとゆっくりと周ってみようと思います。