フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

誰も知らない秘密基地を作ろう

f:id:andtr:20170722002440j:plain

他の誰も知らない、自分だけの秘密基地を作ろう。

SNSで呟けば多くの人が情報として知ってしまう時代。「共有しない」「誰も知らない」ことは、思っている以上に価値があるのかもしれません。

観光地ではない、お金のかかった特別な場所ではない、一見どの街にもあるような風景。海があって、山があって、川が流れて、その間に街がある。

朝は太陽の光が昇って、夕方になると光は沈んでいく。風が吹いて、雨が降って、雷が鳴って、またいつも通りの朝が来る。

心の落ち着く場所

誰も知らない場所は、穏やかな場所です。地域に住んでいる人の、いつも目にしている場所です。

毎日通りかかる筈なのに、立ち止まってみると意外と落ち着く、いい光が差して、いい風の吹いている場所のことです。

心の落ち着く場所は、海の近くだったり、川のそばだったり、山の中だったり、街の公園やどこかのお店だったりします。自分の住む部屋の中かもしれません。

長い時間じっとしていても飽きなくて、考えを巡らせることが出来て、楽しい事の起点になる、基地のような場所です。

自分以外の誰も知らない秘密基地を、少しずつ増やすように生きていけたらいいなあ。

心から落ち着く場所を探して、大切な人だけを連れてくるような場所に出来たら。誰かに教えたくなるけど、誰にも教えたくない秘密基地を、自分の身の回りから日本全国に増やすように生きていけたら。

明日を生きるのが、次の休みを生きるのが楽しくなる。そんな気がしませんか。

f:id:andtr:20170722003207j:plain

自分だけの秘密基地を探そう

いい場所はシェアしたくなるけど、詳しい内容までは言い切らずに、あとは自分で自由に探してねという所で止めておくのが楽しいです。

見つけたい人は実際に足を運んで、目で見て肌に触れて探し始める。ある程度の余白を作っておくのが楽しいのです。

大切なのは自分で探すこと。落ち着く場所が欲しい人は、まずは自分の部屋を居心地の良くなるように改造したり、日常の足の運べる範囲に好きな場所を探すといい。

訪れた場所が違っていた時は、ああこれは違ってたんだなと学べたらいい。満足の割合は繰り返し求め続けることで着実に上がっていきます。

心から落ち着く場所には、何度も足を運びたくなります。秘密基地から眺める風景はいつ見てもいいものです。

僕はやっぱり四国の山の中の、川の側かなあ。何にもないけど、心ゆくまでぼーっと過ごせる、他に代わりのない場所です。あと神戸の街も好き。

皆さんには、心の落ち着ける場所はありますか。誰にも秘密にしておきたい場所は、どんな場所ですか。