フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの旅と日常

大阪、中津の高架下を歩く

f:id:andtr:20170703224638j:plain

大阪、中津の高架下を歩きました。大阪って、実は今まで行ったことのない場所でした。

中学校の修学旅行は京都と奈良でした。大学生になってからは神戸によく遊びに行くようになりました。カメラを始めて最初の方は奈良の面白さに気づきました。先輩の結婚式にお呼ばれしたのは京都でした。

という事で、大阪は通過するけど留まらない街でした。今までに一度くらい立ち寄る機会があっても良かった気がするけど、なぜか無かったんだよなあ。

そして!ついに初の大阪へ行ってきたのです。勿論フィルムカメラを持って。8月のお盆の始めの、それはとても暑い日でした。

大阪駅の北側を歩く

大阪駅で高速バスを降りました。旅行先の、特に始めて来た場所では、まず始めに駅の周りを歩いて土地の雰囲気を確かめます。

…が、やはり大阪は大都会。駅中や駅の周りを歩いているだけで色々なものを目にします。建物が、店が、人がたくさん(当たり前)それに広いです。ここをずっと探索していると日が暮れても足りない。

スマホのグーグルマップを開いて周りの地図を見てみると、大阪駅の北側には川が流れていました。淀川と言うらしい。ふんふん。

折角なので川まで歩いて風景を見てみよう、という事で炎天下の中、大阪駅の北側を歩きました。

f:id:andtr:20170703231009j:plain

くたびれ感と懐かしい光、阪急中津駅の高架下

大阪駅の北側へ続く高架沿いを歩いていると、食べ物の店が多く並んでいました。店自体はまだ開いてないのに、どこかから焼肉の匂いがする…。

阪急中津駅の高架下というとアンダーグラウンドな雰囲気のお店があり、チャップリンの壁画で有名だったらしいのですが、僕が訪れた時にはもう通れなくなってました。残念。

中津駅の高架下を歩くと、いい感じの鉄橋が頭上に通っていて、雰囲気のある影を落としています。きっと初めて訪れた誰もが写真を撮るであろう場所で、僕もシャッターを切りました。

整備されてきれいになっていく街の風景とは逆に、昭和感のある「作れるだけ作って繋ぎ直しました」建築の残る中津の風景に、何だか懐かしさを覚えます。

線路周りの建物の造りや、昔からあるであろう店のくたびれ感も良い…!

f:id:andtr:20170703231110j:plain

大阪の街の、昭和感の残る場所を歩きたい

中津、中崎町あたりは写真を撮るのに丁度良さそうな街ですね。大阪駅からも近い。

この日は中津の後に中崎町へ行って、堀江にも足を運んでみたのですが、暑さによる体力の限界が来ていたのか、中崎町と堀江の写真を1枚も撮れませんでした。

歩けば歩くほど、知れば知るほどカオスな雰囲気が好きになりそうな大阪の街。他にもいい撮影スポットがあればぜひ行ってみたいなあ。

ここいいよ!この街おすすめ!という場所があれば、お問い合せフォームよりおすすめ場所の内容をお送りいただけるととても嬉しいです。もし宜しければぜひ...!

興味を惹かれる場所には実際に足を運んでみたいと思います。お便りお待ちしております。

f:id:andtr:20170703231035j:plain

お題「もう一度行きたい場所は?」