安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

物語の粒子

目の前のことを写真に記録したり、シャッターを切らなくても心が覚えていたり、感じたことを言葉や別の形に変えて残したりする。

2019年の写真世界

好きな服を着てカメラを持って、好きな人と、気の合う友達と、外へ出かけよう。晴れでも雨でも曇りでもいい。

地続きの時代

日々を生きていく中で、いつもは目に見えなくても、もしかしたら一生感じ取ることは無くても、時代は流れて行きます。

心地の良い時間と空間

ずっとここに居たいと願う空間。ずっと浸っていたいと思う時間。同じ場所に留まりたくなる時間と空間。

8月の森の中

心惹かれる場所。いいなあと思える場所。写真を撮っているとそんな場所を幾つも知っていて、幾つあっても足りない位、いつもいい場所を探しています。