フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

夕暮れの街

夕暮れの街 カテゴリーの記事一覧

仕事帰りの空の下

仕事の帰りに見た夕暮れの空がいい色をしてたので、これはと思い車を走らせました。その日は丁度カバンの中にカメラを入れて出社していたのです。予感があったのかもしれません。

山あいに夕日は沈んで、僕達は家路につく

山あいに夕日は沈んで、僕達は家路につく。ランドセルを背負って見上げた空の向こうの夕暮れも、自転車を漕ぎながら背中に感じた夕焼けも、車のフロントガラス越しに眺めた青とオレンジ色の空も、いつも同じ色をしていた。

夕暮れの街を散歩する

夕暮れ時を過ぎて遅い時間になっても、西の空がまだ少し明るい。太陽の沈んだ後の空は夜を呼ばずに、僕達が街へ出るのを待っているようでした。

学校が終わった後の、夕暮れ時の空を覚えていたい

学校が終わった後の夕暮れ時の空を、いつまでも覚えていたい。朝から続いた退屈な授業が終わって、やっと解放された夕方のあの時間。とても好きな時間でした。

夕暮れの帰り道、懐かしい光に出会う

夕暮れの帰り道に、懐かしい光に出会う。仕事を終えて外に出ると、夕暮れの光が街を照らしていた。

夕暮れの時間、休日の終わる前

夕暮れの時間にカメラを持って、休日の終わる前を写真に残そう。夜になる前の光を写真に残すことで、休日の楽しい気持ちを閉じ込めておこう。