安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

歩いて楽しい街がいい

f:id:andtr:20180510170340j:plain

目的地まで歩いている間に、ぶらぶらと散歩をしている間に様々なものを目にして、いいなと思える風景や気になるお店を見つける。個性的な人に出会える。歩いて楽しい街は魅力的です。

四国の片隅の街で育ったので、基本的に周りは車社会でした。駅も家の近所にはなくて、地元にいた頃は電車にもバスにも殆ど乗ったことがありませんでした。

f:id:andtr:20180510170642j:plain

f:id:andtr:20180510170711j:plain

都会へ旅行をすると、駅の周りの便利さに感動を覚えます。大きな街の駅の周りには食べ物の店や服、雑貨、生活用品から映画、本屋、その他の娯楽がひと通り揃っていて、歩いて移動していると街の文化やお店の工夫、街に生きる人の息遣いが伝わってきます。

隙間なくモノが詰め込まれた街よりも、ある程度の余白や、適度な緩さのある街に惹かれます。その土地の気候や住んでいる人達も関係しているのかもしれません。

f:id:andtr:20180510170805j:plain

f:id:andtr:20180510170845j:plain

目的地までただ急ぐよりは、のんびりと一日の時間が過ぎて行くような。そんな街を歩いていると、いつの間にかいい風景に出会えて、シャッターを切る回数も増えていきます。

WEBやSNSの発達によって気の合う仲間を探したり、人と出会う機会も増えたけど、実際に街を歩いて、自分の目で見て、肌で感じる気持ちを忘れたくない。街を歩いている内に思いもしないものに出会う。予想しなかった人に会えるのは、小さな冒険や探検のよう。

f:id:andtr:20180510171233j:plain

f:id:andtr:20180510171416j:plain

街に光が差し込んで、建物の間に風が流れて、どこかから美味しそうな匂いがする。街の外れの小さな通りを猫が歩いている。
初めて訪れて、時間が経ってまた行きたくなる店がある。会いたくなる人がいる。

歩いて楽しい街のこと。光の当たる場所を見つけて写真を撮ろう。何も飾らなくてもいい。軽やかな足取りと真新しい気持ちがあれば充分なのです。

f:id:andtr:20180510171130j:plain

【関連記事】