安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

好きな街の匂い

f:id:andtr:20190119003345j:plain

作りたいものを作り出す時、どこでそれをするのか。誰とどんな人達に向けて作るのか。場所と人とタイミング。表現したいイメージをどのような形で出すのか。

今、本当は何を言いたいのか。どんな想いや考えを表現したくて、どういうものを作りたいのか。勢いのままにパーっと作ってしまうこともあるけど、一旦落ち着いて精査したい。

熱は保ったまま。頭は冷めた状態で、作り出したものから一旦距離を置いて見てみたい。長く楽しめるものを生み出したい。

f:id:andtr:20190119003520j:plain

 

創作活動を続けるなら都会がいいとか、地方が合ってるとか、規模は大きい方がいいとか、手の届く範囲がいいとか色々あるけど、個人的に大切にしているものは、

「匂い」です。

街の匂い、人の匂い。風の匂い、土の匂い、海の匂い。好きな匂いが流れていて、空気の通りのいい場所にいることがものを作る上で重要だと感じています。

空気が澱んでいたり、人の気持ちの混雑した場所ではものを生み出すのが難しくなります。人の沢山いる賑やかさは嫌いじゃないけど、自分一人の静かな時間は必ず確保したい。

どこまでも一人になれる。思考やイメージを制限なく飛ばすことの出来る、落ち着いた時間。好きなだけ思考を巡らせる時間。この世の果て。世界の辺境。

f:id:andtr:20190911220424j:plain

何となく良いなと感じる街や、居心地の良い場所には、イメージを形に出来そうな、可能性の「匂い」があります。

光の当たる場所と影のある場所。建物の密集する場所と、海や川辺の解放された場所。森や山奥のひっそりとした場所。

それぞれの場所に流れる匂いと、風と湿度と光と粒子。それら全てが組み合わさって、可能性の広がりを感じられる場所であれば、どこだって暮らしていけるのかもしれません。

都会でも、地方でも、異国の地だとしても。いい匂いがあるなら。

f:id:andtr:20190911220450j:plain

今いる場所には好きな匂いがあります。

人は少なくて、娯楽も少ないけど、空と海と川と山が与えてくれる匂いがあります。すっきりとした風の吹く街には、逞しく生きる人達の匂いがあります。

街に人が少なくなって、時が経つごとに寂しくなる風景にも、写真に撮って残したくなる匂いがあります。

空気の通りのいい場所の、どこか寂しそうな街の風景と、そこに生きる人の匂い。朝の日差し。夕暮れの光。風が運んでくる匂い。

あなたの暮らす場所には、好きな匂いが流れていますか。

f:id:andtr:20190119010253j:plain

【関連記事】