安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

異世界への入口

f:id:andtr:20190625201720j:plain

まだ誰も観たことの無い、異世界への扉が開く。
まだ誰も体験したことの無い、異なる世界への入口が今、目の前にあって、すぐ隣を横切って、遥か彼方へ去っていく。

日々を生きている中に、別の世界への入口はあって、僕たちは殆どの毎日をその入口に気づかずに通り過ぎてしまう。本当は毎朝、毎時間、毎秒だって傍にある筈なのに。

鬱蒼とした森の中。人と建物の集まる街の中。空の向こう。星の果て。

食事をしている時も、呼吸をしている時も、一人でいる時も、誰かといる時も。意識のほんの少し先に、異なる世界への入口はあります。

f:id:andtr:20190625201930j:plain

ドアにそっと触れた時。自転車や車のハンドルを握った時。肉や野菜を切っている時。お風呂に入っている時。

今まで頭の片隅で眠っていた物事が全部繋がる瞬間があって、その「繋がりの力」を体感した時、何年も、何十年もの記憶や思い出が時間を飛び越えて、僕の私の意識の中に一気にやって来る。

f:id:andtr:20190625202044j:plain

会いたい人に会う事も、もう会えない人に会いたいと願う事も、戻れない日に戻りたいと想う事も、

手に入れられなかった思い出が、別の道を進めば待っていたかもしれない未来が、実際の目の前には無くても、手には触れられなくても、

日常の続きの中で、貴方の意識の元にやってくる。願い、考え、動き続けていればきっと。

f:id:andtr:20190625202136j:plain

中身のない虚言や妄想でしょうか。いいえ。そうは思いません。

夢を見る事は、実は一番現実的な道を歩いていて、夢という未来に向けて今を続けているから。

今は僕だけ、貴方だけに見えている異世界への入口を、固く胸に抱いて生きて行きます。

f:id:andtr:20190625202205j:plain

目の前に現れた夢や心の中に見えたイメージが、どんなに突拍子の無いものでも大切に持っていて欲しい。

異世界への扉を見逃さない様に。もしも見つけた時には、僕は写真に撮って残します。文章にも換えられるかもしれません。

少し前にそんな世界への入口を感じた時があって、その瞬間を写真に残しました。

何でも無いいつもの日に、全てのリズムが合ったかの様に。こちらから、また向こうからもやって来ます。

少し不思議な、異世界への入口。

f:id:andtr:20190625202310j:plain

【関連記事】