安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

長い休みの終わり

f:id:andtr:20190818164345j:plain

7月と8月はとても暑くて、日中は外に出られないので、夏の2ヶ月は毎年休んでいます。体を動かしていなくても、外に出ていなくても、心も体も消耗してしまうから。

とはいえ、外に出て写真を撮るのはとても好きなので、平日の日中は本職の仕事をして、休日は写真を撮りに出かけていました。

行きたい場所へ足を運んだり、撮影の依頼があったり。これまでの夏よりも活動的に動いていました。

f:id:andtr:20190818164444j:plain

そんな中でもぼんやりと過ごしたお盆休み。1年の真ん中の、真っ白な空白の期間。

たっぷりあるとは言えないけど、頭を空っぽにして。目を開けたり閉じたりしながら、流れていく時間の中でこれまでを振り返ったり、これからのことを考えたりしながら、心はゆっくりと、確実に現在から次へ向かって動き始めるのでした。

2019年度の後半も、好きな写真をたくさん撮りたい。会いたい人に会って、話をして、いい時間を過ごして、一日の記録を写真に残したい。行きたい場所へ足を運びたい。

今よりももっと自由でいたい。

いつもどんな時も、自分の思う自由の中にいたい。空を飛ぶように、水の中を泳ぐように、宇宙へ上がっていくように。自由を求める気持ちは緩やかに、しなやかに、強く、強く。

f:id:andtr:20190818164526j:plain

自由は表現の中に込めることが出来ます。表現の内側や外側に、自由を置いておくことが出来ます。

自由を想い、自由を信じる気持ち伝えられるように。見る人に様々な刺激や感動、物語を伝えられるように。長い休みの終わりに、これからも進んでいく宣言を置いておきます。

これまで作ってきたものの、表現の水溜りのようなものを作りたいな。心の中に街を作って、実際に現実に形となるような。

シンプルでもあり複雑でもある。光の差す、表現の街のイメージ。

【関連記事】