安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

ありふれた物語

f:id:andtr:20190828203311j:plain

行きたい場所へ行って、会いたい人に会って、撮りたい写真を撮る。
2019年の冬から夏にかけてそんなことを繰り返していると、いつの間にか心の中でひとつの物語が回り始めた。

始めは気がつかない位に小さく、何かが心の中にあるという認識だった。

お盆が明けて、残りの夏を抜けて、長かった8月が終わろうとしているここ数日、心にぼんやりと立ち込めた霧の中から、物語の端っこを掴んだ。掴んだような気がした。

f:id:andtr:20190828203445j:plain

現実と夢のちょうど間に位置する場所に、その物語はある。

過ぎる夏。もうすぐやってくる次の季節を前に、虫達が鳴いている。その音を自宅の部屋で聞きながら、写真を編集したり、音楽を聴いたり、本を読んだり、何もしなかったりする内に、はっと気づくものがあった。

そこには都会も地方もない。国境も人種も存在しない。街と自然と、空と宇宙と自分の部屋。全てを包むようにまとまって、今日という時間を止めて、明日に向けて自由を放つ。

f:id:andtr:20190828203547j:plain

どこまでも飛んでいける翼のような、地底を掘り進んで行ける力のような、そんな物語のきっかけでした。

どうにかこのイメージを形にしたい。文章とは少し違うのです。
映像にするにはまだ足りないのです。

f:id:andtr:20190828203632j:plain

流れていく日々の中で、心の中にあるイメージだけが本物。その端っこを掴んだなら、大切に育てていきたい。写真や文章と同じように。

役に立つことは書けないよ。
光と自然がある。そこには人がいて街がある。街に生きる人々の気持ちがある。

表現したいのはそういうこと。
どこにもありふれた、特別な物語。

【関連記事】