026

f:id:andtr:20200419225542j:plain

f:id:andtr:20200419225552j:plain

朝起きて、顔を洗って歯を磨いて、パンを食べて温かいものを飲んで、しばらくぼんやりと過ごした後、やっと動き出すような。

誰にも追いかけられない。何者も時間を塞がない。そんな一日の始まりを過ごしていたい。

今までやるべき事としてあったものは、本当に必要だったのだろうか。

生きて、動き続ける。それだけで充分だったのではないか。

----------

仕事もやらなければならない事からも解放されて、何が残るだろう。

きっと心から求めて、やりたい、作りたいと感じたものを作り始めると思います。

それは何だろう。どんなものだろう。

写真を撮って、ブログを書くことは変わらず続けているでしょう。

----------

イメージを形にする為に、映画や小説や音楽があるように。

物語を形に残したいたから、写真や文章がある。

何も無くしても続けていたいこと。

世界から仕事が消えても、自分から作っていたい。

----------

遠くの場所を想像する。初めて見る風景を想像する。

これから出会う人との時間を想像する。

新しい旅は既に始まっていて、それは夜眠る前に、次の日の朝を夢見るような。

明るい場所へ向かう為の物語。