安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

底の見えない穴を掘る

f:id:andtr:20190317125204j:plain

好きなことをやっていたくて、好きなものを作っていたくて、嫌いなことは出来なくて、心惹かれないものには触れられなくて。

心は素直に出来ているけど、現実はそうもいかない。

日々、本物の欲求と踏ん張りどころの擦り合い、譲り合いですよね。僕は自分の好きなことを優先しがちなので、時々悩むことがあります。

もっとこうしたい、こうなればいいという形が見えるから、イメージに描いた未来に近づくために、今一歩を踏み出す。一歩を踏み出すための最初の一手を捻り出す。

今もイメージへの道筋の最中です。出来ないことはうまくやれないから、良いところを伸ばします。

節目と予感、好きなこと

ゆっくりとした時間の中でものを考えたり、のんびりと風景を眺めたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、時間に縛られない一日の中で人に会ったり、話をしたりするのが好きです。

遠くの風景を見つめながら、今を写真に残す。ただそれだけの事を沢山やっています。シンプルだけど、奥があると感じていて、飽きずに続いています。

今年は好きなことを続けていると、何かが大きく変わりそうだなあという予感があります。一年前からは見える景色も変わっていて、きっと二、三年前からはもっと変わっているのです。

そして、もうすぐ平成という時代が終わる。ひとつの節目になりそうです。自分の弱さをきちんと知っているから、もっと強くなれる。しなやかに、柔らかく、しっかりと。

f:id:andtr:20190317125416j:plain

いや、強くなれるというのは少し違うかな。

穴を掘って、底の見えない深い穴を掘って、掘って、掘り進めて、

底に辿り着いたと思ったら、マンホールのような小さな蓋があって、蓋を開けて中を覗くとまだ底が続いている。

そういう穴を掘り続けます。遠くへ、深くへ。