フィルム写真と旅する

地方に暮らす写真好きの日常

人が集まって街は楽しくなる

f:id:andtr:20180916075016j:plain

人が集まるための場所をつくる。ひとつの場所から生活を楽しくする為の場所をつくる。人が楽しくなると毎日が楽しくなる。街がもっと面白くなる。

暮らしを面白くする為の場所を作ってきました。またそういう機会に積極的に関ってきました。場所を作ることは人をつくること、街を形作ることです。一人でエネルギーを溜めていた人の元に同じような人が集まると、より面白いものを生み出せる場所になります。面白い人が増えると街が楽しくなります。毎日を生きるのがより楽しくなります。

これまでは自分以外の誰かが中心となって動く為の手伝いをしてきました。そこで得た経験や知識を元に、これからは自分が中心になって動ける場所を作りたいと思いました。勿論今まで通り仲間や友人達の手伝いも続けます。今までよりも少し我儘に、もっと楽しみながら様々な場所を作っていきます。

今は一人で動いている人も、動き続けていればきっと花は開きます。魅力のある芽はもう出ているのだから、他の人が歩き疲れるまで歩き続けて、諦めずに毎日好きなことを続けていけば、心から続けて良かったと思える日が来ます。これを読んでいる同じ現状の人がいるなら貴方は一人ではありません。僕も動き続けます。

『安藤写真事務所』を始めました。

写真を通して様々な表現に挑戦したい。街の魅力や人の持つ感性を写真で届けたい。行動の内容はこれまでと何も変わりません。行きたい場所へ行って、撮りたい人を撮るだけです。

写真活動に名前があると便利かな という気持ちから屋号を付けました。自分の好きを集めて、写真で様々な人の思い出や記憶を集めて、今や明日からの未来をもっと豊かにしたい。人や街をもっと面白くしたい。素敵な場所に育てていきます。

今僕は四国に住んでいます。瀬戸内の海と風と気候が大好きです。そこに住む様々な感性を持った人達が大好きです。自然と人がつくる美味しい食が大好きです。なかなかこの場所から離れられません。外の世界を旅しても、いつも最初に思い出し、最後には必ず帰って来たくなる大切な場所です。

一人一人が面白くなれば、街はもっと面白くなります。
この場所から日本中へ。世界中へ。

写真を撮って旅をする。夢の一歩はここからです。

【関連記事】