安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

8月の森の中

f:id:andtr:20181222164317j:plain

心惹かれる場所。いいなあと思える場所。

写真を撮っているとそんな場所を幾つも知っていて、幾つあっても足りない位、いつもいい場所を探しています。

車に乗って長いドライブの途中、何だか気になる...よし寄ってみようと向かった先に、求めていた場所はありました。

f:id:andtr:20181222164338j:plain

f:id:andtr:20181222164533j:plain

一年の暑さのど真ん中、8月のこと。

光が柔らかく入ってきて、汗が流れなければいつまでも歩きたくなる、心地の良い森にて。

目で見て、肌で感じて、写真に撮っていいなあと思える場所には、入った瞬間から気配や匂いのある物語が流れています。

f:id:andtr:20181222164559j:plain

f:id:andtr:20181216142911j:plain

自然の中だけど、人の手が微かに入っている。

そのままの光が差し込んでくるように見えて、実はきちんと設計されている。素直にそこにあるものを感じ取れるよう、遊びを入れて作られている。

季節が変われば森の表情も変わって、風が吹いて雨が降れば嬉しそうに、時には悲しみや寂しさも一緒に映し出してくれる。鏡のような場所。

f:id:andtr:20181216142817j:plain

静かで人もいなくて、遠くから鳥の鳴き声と、葉の揺れる音が聞こえて、心が洗い流されるような、感覚がスッと澄んでくるような気持ち。

きっとまた訪れます。いい光の差す季節に。

f:id:andtr:20181216142857j:plain

model: yun

【関連記事】