安藤写真事務所

地方に暮らす写真好きの日常

写真を撮ってどうするの

f:id:andtr:20190227223845j:plain

写真なんて沢山撮ってどうするの、何に使うの。
と、カメラを買う前の自分はそう言ったかもしれません。

いいなと思った瞬間にカメラを向けて、ファインダーを覗いてシャッターを切る。
今となっては一連の動作を意識することなく出来るけど、
写真をやらない、カメラを持たない人にとって「写真を撮る行為」は特別なことです。

全てを写真に記録する

ペンで文字を書くように、
朝、着替える服に袖を通すように、
ご飯を食べるように、呼吸をするように、
カメラを持ち出して、写真を撮っています。

日常のこと、特別なこと、
一人でどこかへ行ったこと、
誰かと時間を過ごしたこと、
全てを写真に記録する。

いつの間にか当たり前になっていました。
意識しない内に生活の一部になっていました。
衣、食、住、その次に写真がありました。

f:id:andtr:20190227224059j:plain

見せたい写真、誰にも見せない写真

TwitterやInstagram、Tumblrやブログを使って、
今では瞬時に多くの人に撮った写真を見てもらうことが出来ます。
スマホのボタンをポンと押すだけで、
目の前で起きている事を様々な国の人に向けてシェア出来ます。

簡単に日常を写真に変えて見てもらえるからこそ、
自分が心から感じた「いい瞬間」をシェアしたい。
そんな気持ちがあるのかもしれません。

或いは「誰にも見せない」写真を撮ることもあります。
撮った後に誰かに見せたい、SNSにアップしたいと思える写真もあれば、
誰にも見せたく無い、どこにも出したくない写真が生まれる時もあります。

それは秘密の瞬間、大切なひと時。
生まれたての柔らかい肌のような感覚。

一生の内に何度も目にすることのない、
心がじんわり温まるような、
光と影に包まれた世界の一片。

大好きな要素の全てが写真に込められている時があって、
自分の中に静かにしまっておきたい一枚になります。

f:id:andtr:20190227224212j:plain

写真を撮ってどうするの

写真を撮ること自体はゴールではありません。
手段であって最終の目的ではありません。
到達地点は、実は別にあります。

それは...

おっと、誰か来たようだ。

シャッターを切る時は一瞬、
カメラを持って写真を撮る時間は
短くて数分、長くて一日、
旅の途中でも総時間で二日くらい。

写真を撮っている時は楽しいけど、
いいと思える風景や人を目の前にするまでの、
準備の期間も楽しくて、
写真を撮った後、眺めている時間も良いものです。

人の一生では、カメラを構えていない時間の方が
圧倒的に長い筈だから。

写真を撮って、今を残して、
物語を綴っていきます。

f:id:andtr:20190227224457j:plain

【関連記事】